Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

Digitally Guided Oral Rehabilitations with an Intra-Oral Scanner TRIOS3

Atsuo Uematsu

光学印象による変形の少ない無圧印象とCTによる硬組織のデータにより補綴主導の治療計画を立案し、状況に応じて外科的侵襲の少ない方法を選択することで患者負担の軽減と治療期間の短縮が図られる。インプラントを用いて咬合再構成を行う場合にデジタル技術により仮想的な基準を可視化することで精度の高い診療が可能となる。この講演では咬合再構成をデジタル技術により行った症例を提示している。

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことができる。

  • 光学印象の利点と印象の変形要因について知る

  • デジタル技術による咬合平面の決定について知る、バーチャル咬合器へのマウント法について知る

  • デジタル技術による咬合再構成を行った臨床例について知る

Duration
23 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.38 hours
Purchase price
12 Academy Coins
Publication date: Mar 5, 2019 Last review date: Mar 5, 2019 Next review date: Mar 5, 2019
  • Japanese
  • Languages
  • Surgical Planning & Procedures

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code