Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

CTで検証するサイナスフロアエレベーションの落とし穴

Yasuhiro Nosaka

サイナスフロアエレベーションについて、成書では言及されてこなかった臨床的な現象をCT画像、病理検査結果を基に検証した講演である。実際の臨床手技の中で特に関心の高い上顎洞内の粘液嚢胞について、隔壁について、洞底粘膜穿孔について、術後感染について、演者の考え方や手技が述べられていて非常に実践的内容である。またサイナスフロアエレベーションの長期経過についても多くの臨床例をCT画像で検証した結果から様々な現象について言及している。

学習目標

  • サイナスフロアエレベーションの術前から術直後、その後の経過についてCT画像を基に理解できる。
  • 粘液嚢胞、隔壁、粘膜穿孔、術後感染などに対する実際の臨床手技を学ぶ。
  • サイナスフロアエレベーションを成功させ長期に安定させるために必要な事項について、CT画像から再検証していく有用性が理解できる。
Duration
54 minutes
Source
ITI Congress Japan 2015
CPD/CME
0.9 hours
Purchase price
27 Academy Coins
Publication date: Feb 1, 2016 Last review date: Jan 28, 2018 Next review date: Jan 28, 2021
  • Assessment & Diagnosis
  • Bone Augmentation
  • Bone Management
  • CT/CBCT
  • Congress Lecture
  • Diagnostic Tools
  • Interpreting Diagnostic Data
  • Japanese
  • Languages
  • Sinus Floor Elevation
  • Surgery
  • Surgical Planning & Procedures
  • Treatment Planning

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code