Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

難症例に対する3次元的組織造成

Tetsu Takahashi

難症例に対する3次元的組織造成

  • 難症例に関連するのは:
    1.    患者のリスク(糖尿病、骨粗鬆症、ビスフォスフォネート、禁煙、放射線治療など)
    2.    術者のスキル(切開線の設定、骨造成の方法、骨補填材の選択など)
    3.    局所の解剖(下顎管までの距離など)
    4.    欠損の大きさと形態(欠損が大きくなれば手術の侵襲も多くなる)
  • 局所解剖および欠損の大きさと形態の診断が極めて重要
  • 骨造成或いはショートインプラントの意思決定
  • 骨造成には3次元的な組織造成が重要
  • 大きな症例では3Dモデルと術前のシミュレーションが不可欠

このレクチャーを受講することにより以下を学ぶことができる。

  • 骨造成におけるリスクファクターについて
  • 難症例における診断と治療計画について
  • 三次元的な組織造成の手法について 
Duration
32 minutes
Source
ITI Congress Japan 2015
CPD/CME
0.53 hours
Purchase price
16 Academy Coins
Publication date: Feb 4, 2016 Last review date: Jan 28, 2018 Next review date: Jan 28, 2021
  • Bone Augmentation
  • Bone Grafting
  • Bone Management
  • Congress Lecture
  • GBR
  • Horizontal Bone Augmentation
  • Japanese
  • Languages
  • Sinus Floor Elevation
  • Surgery
  • Surgical Planning & Procedures
  • Vertical Bone Augmentation

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code