Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

そもそも手術侵襲とは何か、どのように定量するのか?

Yasutomo Yajima

侵襲の大きさは炎症の大きさによって定量化することが可能である。そのためにはSIRS(全身性炎症反応症候群)を理解する必要がある。骨増生の今後の方向性は、できるだけ患者の負担を少なくするため、低侵襲な方法が主流となるか、あるいは骨増生をできるだけ避けるという方向に向かうだろう。

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことが可能である。

  • 生体応答が侵襲の大きさを左右することを理解する

  • SIRS全身性炎症反応症候群について理解する

  • 骨増生における患者負担と今後の方向性を理解する

Duration
10 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.17 hours
Purchase price
5 Academy Coins
Publication date: Mar 4, 2019 Last review date: Mar 4, 2019 Next review date: Mar 4, 2019
  • Introduction to Implant Dentistry
  • Japanese
  • Languages

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code