Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

治療中の咀嚼機能の維持に留意した咬合再構成の1症例

Yoshiki Soejima

臼歯の咬合支持を喪失した症例に対して、治療期間中のQOL低下を避けるため、咀嚼障害を回避しながら治療を進めた症例について解説されている

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことが可能である。

  • 段階的にインプラントを埋入することで咬合支持を確保しながら治療を進める手順について知ることが出来る

  • フルアーチにおいて良好な精度を得る印象術式について知ることが出来る

  • 早期荷重プロトコルにより咀嚼障害の回避、顎位の保全、治療へのモチベーション維持を良好にする術式について学ぶことができる

Duration
14 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.23 hours
Purchase price
8 Academy Coins
Publication date: Mar 4, 2019 Last review date: Mar 4, 2019 Next review date: Mar 4, 2019
  • Introduction to Implant Dentistry
  • Japanese
  • Languages

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code