Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

上顎臼歯部におけるインプラント外科の予知性向上を目指して

Takeshi Toyoshima

本講演では,ラテラルアプローチと待時・同時埋入,クレスタルアプローチと同時埋入,上顎洞底挙上術を回避したショートインプラントの3 つの術式を症例と共に整理する.また,演者の論文データも照らしあわせて上顎臼歯部における各種インプラントの初期固定について述べる.

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことが可能である。

  • ショートインプラントに関する基本的知識と術式が理解できる。.

  • 科学的根拠を基盤とした上顎洞底挙上術の基本的知識と技術が理解できる。

  • インプラントの初期湖底に関する知識と技術が理解できる。

Duration
14 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.23 hours
Purchase price
7 Academy Coins
Publication date: Mar 4, 2019 Last review date: Mar 4, 2019 Next review date: Mar 4, 2019
  • Introduction to Implant Dentistry
  • Japanese
  • Languages

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code