Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

前歯部審美領域へのアプローチ

Toyokazu Chiba

近年のデジタルテクノロジーの進歩により、インプラント治療においてもアナログからデジタルワークフローへ移行してきている。演者は前歯部インプラント治療において審美的に良好な結果を得るために、診査診断から上部構造の装着までの一連のステップにおいて、有効なデジタル機器の活用法について紹介している。

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことが可能である。

  • 審美治療における診断から上部構造装着までのワークフローについて理解できる

  • インプラント治療におけるデジタルテクノロジーの応用とその利点・欠点について理解できる

Duration
30 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.5 hours
Purchase price
15 Academy Coins
Publication date: Mar 4, 2019 Last review date: Mar 4, 2019 Next review date: Mar 4, 2019
  • Introduction to Implant Dentistry
  • Japanese
  • Languages

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code