Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

インプラント治療の伝統と革新

Kiyoshi Koyano

インプラント治療は臨床導入後、インプラントの表面性状、インプラントシステム、インプラントの形状、埋入時期、荷重時期、ガイデッドサージェリー、骨増生の術式、審美材料などが開発されてきた。これらの革新は治療効果を検証しながら伝統として根付き、この伝統の上に新たな革新が導入されてきた。本講演ではこのセッションの紹介として、インプラント治療の革新と伝統について概観されている。

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことが可能である。

  • インプラントの表面性状、インプラントシステム、インプラントの形状の歴史について知ることができる
  • 埋入時期、荷重時期、骨増生の術式の歴史について知ることができる
  • CT導入によるガイデッドサージェリーはじめデジタル技術の導入の経緯や利点について知ることが出来る
Duration
17 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.3 hours
Purchase price
9 Academy Coins
Publication date: Jan 24, 2019 Last review date: Jan 17, 2019 Next review date: Jan 17, 2022
  • Anatomy & Biological Principles
  • Bone Management
  • Components & Materials
  • Congress Lecture
  • General Topics
  • History of Implant Dentistry
  • Implant Surfaces
  • Implants
  • Introduction to Implant Dentistry
  • Japanese
  • Languages
  • Loading Protocols
  • Osseointegration
  • Placement Protocols
  • Prosthodontics
  • Surgery

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code