Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

Digital Workflowを用いた正確なガイド手術

Toshio Kaku

インプラント治療の長期的安定のためには、的確な診断とシミュレーション通りの正確な埋入が必須である。治療計画で重要なのはサーフェススキャンデータとCTのDICOMデータの正確なマッチングである。この講演ではアーチファクトや無歯顎・多数歯欠損症例でマッチングが困難となル場合の対応策について言及している。また、遊離端でガイドの沈下防止法など日常臨床の取り組みについても解説している。

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことができる。

  • 歯肉形態を考慮した正確な埋入ポジションの決定法法について知る

  • ストローマンガイドの臨床的な修正方法について知る

  • ガイドテンプレートについて知る

  • ストローマンCARESの上部構造の有用性について知る

Duration
28 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.47 hours
Purchase price
14 Academy Coins
Publication date: Mar 5, 2019 Last review date: Mar 5, 2019 Next review date: Mar 5, 2019
  • Japanese
  • Languages
  • Surgical Planning & Procedures

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code