Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

幅広く使える直径の狭いインプラント~チタン・ジルコニア合金インプラント Roxolid~

Yoji Kamiura

チタンジルコニウム合金インプラントであるRoxolidインプラントの登場によりナローインプラントであっても強度が向上した。そのため従来、GBRが必要であった症例にGBRをせずにインプラント適応が可能となった。演者の臨床例から、近遠心的幅経の不足、頬舌的幅経の不足、両者のコンビネーションについて、それぞれの臨床例でRoxolidの適応を解説する。また大臼歯部への適応にも言及する。

このレクチャーの受講によって以下のことを学ぶことができる。

  • チタンジルコニウム合金のRoxolidインプラントの特徴が理解できる。
  • Roxolidの適応症が理解できる。
  • Rolxlid の適応に関して注意事項が分かる。
Duration
20 minutes
Source
ITI Congress Japan 2015
CPD/CME
0.33 hours
Purchase price
10 Academy Coins
Publication date: Feb 4, 2016 Last review date: Jan 28, 2018 Next review date: Jan 28, 2021
  • Components & Materials
  • Congress Lecture
  • Implants
  • Japanese
  • Languages
  • Reduced Diameter Implants
  • Surgical Planning & Procedures
  • Titanium-Zirconia Implants

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code