Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

インプラント治療におけるGBR法の現在

Keisuke Wada

従来のGBRにおいては細胞供給、血管新生、移植材、成長因子が重要であった。一方で、マテリアルやテクニックの革新によって、より予知性の高いGBRが可能となった。Bone Ring Techniqueなど新しい骨増生法についても紹介する。

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことが可能である。

  • GBRにおける伝統と革新を学ぶことができる
  • 骨再生におけるbiologyを学習できる
  • 垂直的骨造成の各種手法について学ぶことができる
Duration
36 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.6 hours
Purchase price
18 Academy Coins
Publication date: Nov 21, 2018 Last review date: Nov 21, 2017 Next review date: Nov 21, 2020
  • Japanese
  • Languages
  • Surgical Planning & Procedures

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code