Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

再生療法における骨移植材の選択基準

Yoshiaki Hasegawa

近年、骨採取に伴う侵襲を軽減するために、歯周・インプラント治療において様々な骨補填剤が用いられている。一方で、様々な骨欠損状態においてどの材料が有効であるかはコンセンサスが得られていない。演者はボーンハウジングの状態によって自ら骨内欠損を分類し、有効であると考える術式と材料選択について紹介している。

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことが可能である。

  • 骨補填剤の種類と選択基準について理解できる

  • 歯周組織再生治療におけるEMDの利点について理解できる

  • 骨内欠損におけるボーンハウジングの重要性について理解できる

Duration
33 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.55 hours
Purchase price
17 Academy Coins
Publication date: Mar 5, 2019 Last review date: Mar 5, 2019 Next review date: Mar 5, 2019
  • Introduction to Implant Dentistry
  • Japanese
  • Languages

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code