Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

垂直的歯槽堤造成の部位別ガイドライン

Katsuhiro Horiuchi

垂直的歯槽堤造成はインプラント外科において最も難易度の高い術式であると考えられている。これまで、自家骨 onlay graft、GBR、interpositional osteotomy、歯槽骨延長術が単独あるいは併用されてきたが、どの治療法が優れているかコンセンサスは得られていない。本講演では比較的侵襲性が低く汎用性が高いと考えられる吸収性・非吸収性メンブレンを用いた垂直的 GBRの技術的ポイントについて演者の症例を通して紹介している。

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことが可能である。

  • 垂直的歯槽堤造成の種類と利点・欠点について理解出来る

  • 垂直的 GBRを成功させるための技術的ポイントについて理解出来る

Duration
31 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.52 hours
Purchase price
16 Academy Coins
Publication date: Mar 5, 2019 Last review date: Mar 5, 2019 Next review date: Mar 5, 2019
  • Introduction to Implant Dentistry
  • Japanese
  • Languages

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code