Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

オープンバリヤーメンブレンテクニック及び生物製剤を応用した低侵襲性歯槽堤増大術

Eiji Funakoshi

従来のGBR法においては、骨膜減張切開の不足などによる膜の露出、術後の皮下出血、感染、腫脹などのトラブルが起きる可能性がある。演者は骨膜減張切開を行わないオープンバリヤーメンブレンとエムドゲインなどの生物製剤を用いた水平的・垂直的骨増生法とその有効性について解説している。

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことが可能である。

  • 従来のGBRについて理解する

  • オープンバリヤーメンブレンテクニック(OBMT)について理解する

  • 生物製剤を応用した低侵襲性歯槽堤増大術を理解する

Duration
36 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.6 hours
Purchase price
18 Academy Coins
Publication date: Mar 4, 2019 Last review date: Mar 4, 2019 Next review date: Mar 4, 2019
  • Introduction to Implant Dentistry
  • Japanese
  • Languages

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code