Congress Lecture

0.0The average rating is 0 stars out of 5.

伝統の刷新と伝統への回帰

Makoto Shiota

インプラントの治療概念は外科主導、補綴主導から患者主導へ統合されたが、その具体化は手術ステージの合理化、埋入時期の多元化、荷重時期の至適化によって複眼的になされている。技術と材料の革新化は診断、手術、補綴、メインテナンス全てのステージに関わり、これらによりインプラント臨床の長期経過が集積され評価が行われ次世代へと繋がる。

このレクチャーの受講によって以下を学ぶことが可能である。

  • 手術ステージ(一回法と二回法)の適応、インプラントの形態、アバットメントの取り扱い(One abutment –one time)との関連などについて知ることができる
  • 抜歯即時埋入における固定、感染、骨吸収の問題と解決法について知ることができる
  • 荷重時期と必要なインプラントの特性、即時荷重の臨床成績と患者評価ついて知ることができる
  • 新たなインプラント材料、歯冠材料、スクリューについて知ることができる
Duration
31 minutes
Source
ITI Congress Japan 2018
CPD/CME
0.53 hours
Purchase price
16 Academy Coins
Publication date: Jan 24, 2019 Last review date: Jan 17, 2019 Next review date: Jan 17, 2022
  • Abutment Selection
  • Anatomy & Biological Principles
  • Bone Remodeling
  • Congress Lecture
  • Healing Protocols
  • Introduction to Implant Dentistry
  • Japanese
  • Languages
  • Loading Protocols
  • Prosthodontics
  • Surgery

ITI QR code Mvc

Share this page

Download the QR code with a link to this page and use it in your presentations or share it on social media.

Download QR code
QR code